kepani ”Manchester-Ⅱ”(Dark Navy)

¥ 17,280

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,593円
    • 東北

      • 青森県 1,080円
      • 岩手県 1,080円
      • 宮城県 1,080円
      • 秋田県 1,080円
      • 山形県 1,080円
      • 福島県 1,080円
    • 関東

      • 茨城県 864円
      • 栃木県 864円
      • 群馬県 864円
      • 埼玉県 864円
      • 千葉県 864円
      • 東京都 864円
      • 神奈川県 864円
      • 山梨県 864円
    • 信越

      • 新潟県 864円
      • 長野県 864円
    • 北陸

      • 富山県 756円
      • 石川県 756円
      • 福井県 756円
    • 東海

      • 岐阜県 756円
      • 静岡県 756円
      • 愛知県 756円
      • 三重県 756円
    • 近畿

      • 滋賀県 648円
      • 京都府 648円
      • 大阪府 648円
      • 兵庫県 648円
      • 奈良県 648円
      • 和歌山県 648円
    • 中国

      • 鳥取県 540円
      • 島根県 540円
      • 岡山県 540円
      • 広島県 540円
      • 山口県 540円
    • 四国

      • 徳島県 756円
      • 香川県 756円
      • 愛媛県 756円
      • 高知県 756円
    • 九州

      • 福岡県 648円
      • 佐賀県 648円
      • 長崎県 648円
      • 熊本県 648円
      • 大分県 648円
      • 宮崎県 648円
      • 鹿児島県 648円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,188円

    ※日本以外にお住いの方は0円です。

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

品名: Manchester-Ⅱ
品番: TS-6302MS
素材: 綿100%
色: Dark Navy
サイズ: 3(M), 4(L)
価格: ¥16,000(税抜)
made in japan
 
 
 
サイズ3(M)
着丈:62, 身幅:50.5, 裄丈:84, 袖口:9
サイズ4(L)
着丈:70, 身幅:53, 裄丈:87, 袖口:9
単位cm
*平置き,手測りの為、若干の誤差が御座います。
予めご了承くださいませ。
 
【TS-6302MS/ Manchester-Ⅱ】
やわらかく甘く編み上げ特殊な起毛加工の素材を使用した
伸縮性・保温性に優れたプルオーバーパーカー。
 
ラフィー裏毛起毛素材。
 
超長綿のトルファンとギザアメリカの落ち綿を
ムラが出るように紡いだ混紡のリサイクル糸、
ラフィー糸が持つ光沢とムラ感を独特あるメランジ状のソルト&ペッパーの柄行きを
革新織機(丸編みシンカー機)で編み上げることで再現し、
薄く裏起毛させることによって出来上がる
シープスキンの起毛部分はとても肌触りがよく、
伸縮性にすぐれた特別な風合いに仕上げています。
 
フード部分のスピンドル(紐)は、
空洞のチューブ形状になったニット組織になっています。
 
現在では組み紐や織り紐のスピンドルが一般的ですが、
とても古い編み機が現存稼働しており再現をしています。

こちらは裏起毛してあるので
物凄く軽くて温かい仕様のジップパーカー!

ディテールもラグランスリーブ!
アームも細身で日本人の体型に合った
作りとなっています。
 
重ね着もしやすく
シンプルだからこそ
着やすさ、質感に拘っているのが
着るとさらに実感できます!!


"Kepani" ケパニとは
ハワイローカル語で"日本の・日本人"を意味する。
すばらしい日本のものづくり文化・技術の継承を大切にするブランド。

【Kepani Brand Concept】
『Kepani』ケパニとは
ハワイのローカル語で『日本の・日本人』という意。

新(真)スタンダード もともと、古いものが好きで、
その作り方や工夫に纏わるエピソードを聞くうちに
『こういったモノ作りを現代に再現できないか?』
という想いからスタートしました。

補強と利便性を兼ね備えたフォルムがステッチや織りテープなどに表現され、
ファッションから考えられたモノではなく、
作る側(生地、金具、縫製、革など)
それぞれの視点から見たものを検証しながら、
デザインに落とし込んでいます。

普通、生産効率を考えて単純にされていく工程を
工場に協力してもらいあえて昔風にアレンジして作ったり、
洗いによりその表面にダメージを加えたり…。

過剰な主張が無いからこそ、作りを徹底して考え、
さりげない主張を持ったモノづくりこそが、
本当の意味でのスタンダードなアイテムづくりになると考えています。


アイテムの詳細は
「リリーフ光」で検索いただくTOPにブログが出てきますのでご覧ください。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する